社員紹介

田中健一

プロフィール

2013年 入社

大学卒業後、金融系システムの開発会社などでエンジニアとして勤めた後、アプレッソに入社。
現在はDataSpiderの新機能追加や改良に関わる設計・プログラミング全般に携わる。

入社の経緯
決してそれまでの会社が自分に合っていないわけではなかったと思います。でも、金融系システムという間違いを犯せない厳しい環境でありながら、その場しのぎの開発スケジュールが立てられたり、システム自体がもともと問題を抱えているのに機能追加を重ね、ますますリソースが足りなくなるなど、悪循環に陥っていました。
これは違うんじゃないかな、と思いました。システム開発やプログラム開発って、もっと面白くて刺激のあるものじゃないかな、と。もうちょっと違う開発をしたいな……と思っていたところに、アプレッソが募集していると知って応募したんです。
仕事内容について
チームミーティングは週に1、2回、開発部やグループごとの全体ミーティングも時々ありますが、会議がなければ1日中開発しています。
開発内容としては、パートナー様やお客様から要望のあった新機能や、サポート窓口に集まる問題の対処、品質保証を担当する社内チームからのレポートを基にした機能改善などです。それ以外には、すでにある機能について自分自身がもっとこうすべきだろうとか、パフォーマンスを上げたい、と思ったことについて手を入れることもあります。
DataSpiderはWebアプリやデータベース、その他のオンプレミスアプリなどと連携させる製品なので、どういう連携先があるかを調べて、その連携を可能にするプロトタイプを開発して提案する、という進め方をすることもできます。このあたりはある意味チームメンバー同士の競争になっているようなところもありますね。
田中健一
職場の雰囲気について
自分の所属するチームは、厳しい人も、フレンドリーな人も、周りのことをよく見ている人もいて、バランスが取れていると思います。チームメンバー全員、どの人と話していても、苦手と感じる人はいません。忙しい時、わからない時はサポートしてもらえますが、他の人のペースに無理に合わせる必要もありません。とても居心地がいいですね。
アプレッソはエンジニアの開発環境を大事にして、ベストのパフォーマンスを発揮してもらおう、と考えている会社なんだなと感じています。定期的に社内環境についての要望を出せるようになっていて、開発に便利なデュアルディスプレイや毎日自分たちが使う椅子の導入も、社員の要望で実現したと聞いています。
プログラミングやテクノロジーなどに関する社内勉強会が、業務の一環として週1回程度のペースで平日に開催されています。スキルアップを図れるのはもちろんですが、会社にこういった勉強の必要性をきちんと理解してもらえているということですから、ありがたいですね。
応募者へのメッセージ
開発部では入社時に何らかの分野で“ラストマン”になる、というのを宣言するわけですが、「これだけは負けない」という意識をしっかりもてる人、自分こそ1番だという意識をもてる人に来てほしいなと思います。自分としては技術力を落としたくないから、むしろ自分より能力の高い人が入社して互いに刺激できれば。応募される方も、そういう気持ちで臨んでほしいですね。
エントリーする