「つくる」から「つなぐ」へアプレッソは「つなぐ」ソフトウェアを開発します。

[2017年3月1日] PIMSYNCの導入事例(住宅金融支援機構 様)が公開されました。
[2017年1月31日] 大規模利用、および会議スケジュール対応をより強化する新機能リリース。詳細はこちら

サーバーで一括管理、自動同期

ユーザーの端末毎にソフトウェアのインストール、管理は必要ありません。サーバーにPIMSYNCをインストールして管理者が一元管理できます。もちろんスケジュールの同期もサーバ上で自動的に行われます。

きめ細やかな同期処理

各予定の日時、件名はもちろんのこと、日ごと、週ごと、月ごとで繰り返される定期的な予定を、双方向で同期することができます。

いますぐ使える

単純にみえる同期も、実際には接続先ごとに制限や差異が数多くあり、それらを解決するための仕様の検討には多くの時間がかかります。PIMSYNCはそれらの制限や差異をすでに調査、対応済みのため、すぐに使い始められます。

3つの活用事例

動作環境

同期対象製品として、主要なスケジューラは網羅されています。
またPIMSYNCサーバの稼働ソフトウェアについてご確認ください。

導入価格

基本パッケージには30ユーザIDライセンスが含まれており、それを超える場合は追加するライセンス数に応じた料金体系になります。
また、ソフトウェアサポートサービスもあります。

「スケジュール」「ToDo」の
自動同期を体験してください
pcimages
PIMSYNCの「スケジュール」「ToDo」自動同期の機能を評価いただけます。

アプレッソでは「導入検討のために製品を評価したい」という方に向けてPIMSYNCの無料評価版をご用意しています。PIMSYNCの複数のスケジューラを自動同期する機能をぜひご確認ください。

評価版のご案内

導入事例

わずか2日で簡単導入! スケジュール連携ソフトウェア「PIMSYNC」活用で SFA利用率250%アップに寄与
  • PIMSYNC
わずか2日で簡単導入! スケジュール連携ソフトウェア「PIMSYNC」活用で SFA利用率250%アップに寄与
業務のシステム化が進む中で、複数のスケジューラを使うケースが増えている。こうした場合に課題になるのが、スケジュールの連携だ。スケジューラが連携されていないと、二...
独立行政法人 住宅金融支援機構
本社所在地 東京都文京区後楽1-4-10
創業 平成19年4月1日
Webサイト http://www.jhf.go.jp/index.html
  • 証券化支援事業

ドキュメント

カタログや技術資料、ホワイトペーパーなどを
ダウンロードすることができます。

よくある質問

お客様から寄せられる、さまざまな質問をまとめました。

各種製品のお問い合わせ・資料請求はこちら

ページトップ