導入事例

images
  • Thunderbus

19のゴルフ場の基幹システムからデータを自動収集&効果的に分析

多拠点展開する企業にとって、各拠点のシステムにあるデータを効率よく収集・分析し、次のアクションにつなげることは大きなテーマ。アイランドゴルフでは、Thunderbusを通じて各ゴルフ場にあるそれぞれの基幹システムからデータをクラウド上へ集め、分析する環境を整えました。

株式会社アイランドゴルフ

本社東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
創業2011年10月
資本金1億円
URLhttp://www.island-golf.co.jp/
  • サービス業

導入背景各ゴルフ場のデータを効率的に分析したい

アイランドゴルフグループの本部である株式会社アイランドゴルフの設立は2011年10月。2015年7月現在では全国19コースを運営するまでに成長しています。

近年、日本のゴルフ人口は減少傾向にあり、経営状況の厳しいゴルフ場も少なくはありません。しかし、アイランドゴルフは株式・営業権の譲渡や運営業務受託によりゴルフ運営会社を取得。グループの相乗効果を生かした経営合理化や各種マーケティング施策などを通じて、運営の刷新と再活性化を図っています。また、競合先の外資系大手企業が保有ゴルフ場数を増やしつつある中、国内企業ならではの細やかな心配りによって、譲渡元の企業から経営交代後にも大きな信頼を得られているのも特徴です。

「ゴルフ場を育んできた企業やオーナーにとって、その譲渡先の選定は重要です。これまでと同様か、それ以上にゴルフ場を大切にしてくれるのは当然のこと。既存会員様とも共存し、引き継いだ従業員の方々の意見を尊重しながらゴルフ場運営の再構築にもつなげる施策を講じてくれるなど、信頼できる相手を譲渡先として希望されます。当社では、経営改革や運営のシステム化に留まらず、既存会員様を大切にしつつも、女性主体の企画の立案や若年層・ジュニアなど新しい顧客層の獲得、またコースメンテナンスの改善などに尽力しています」と同社管理本部マネージャーの松本氏は語ります。

アイランドゴルフでは運営する全てのゴルフ場に、共通の基幹システムを導入しています。それは、ゴルフ場向けシステムを手掛けるアイシグリーンシステム社が開発したパッケージで、ゴルフ場運営に必要な一連の業務を網羅したもの。しかし、松本氏によるといまだにそうしたシステムを保有せず、紙の帳簿で管理しているゴルフ場も存在し、それらのゴルフ場ではシステムを導入するだけで、業務を大幅に効率化することができるといいます。また、共通のシステムを採用することで1ヶ月半~2ヶ月と非常に短期間での導入が可能になり、これまでのゴルフ場運営ノウハウも容易に横展開できることから、経営改善効果を早期に発揮できるわけです。

課題解決策BIとデータ収集の仕組みを導入

システム共通化はデータの内容も統一できるため、本部が各ゴルフ場の予約状況や日々のプレー人数などのデータを集計・分析し、マーケティング施策などに活用する際にも有利になります。しかし、これまでアイランドゴルフではBIツールなどを利用しておらず、主にPDF資料やFaxで全国からデータを収集し、Excelで集計表を作るなどしていました。この一連の作業を担当する松本氏は、日々かなりの時間を費やしていたといいます。

「当初は、各ゴルフ場に都度電話をして情報を聞いていました。後に本社からリモートでシステムを見られるようにしましたが、それでもゴルフ場の数が増えるに従って手間が増え、集計まで含めると作業全体に毎日1時間ほど費やすことに。それでは、データ収集・集計作業そのものが“目的”になってしまい、次のアクションを考えるという本来の目的に時間を割くことができません。また、経営陣からも日々のデータの迅速な収集と多角的な分析を行ないたいという要望を受けていました」と松本氏。

業務において重要なことは集計や分析した結果を施策につなげて効果を得ること。そして、より効果的な施策のためには、より多角的な分析が求められます。こうした考えから、アイランドゴルフでは「施策につなげるためのデータ収集・分析の仕組み」を検討し、集計・分析については様々なBIツールの中から「Yellowfin」の採用を決定しますした。

一方、データ収集については、アイランドゴルフはセキュリティの問題から各ゴルフ場にデータソースが分散しているため、これらを効率的に収集する仕組みが不可欠でした。当初は各拠点にバックアップソフトを導入し、VPNを経由して本社へ定期的にデータをコピーさせることも検討したそうですが、VPNの導入や維持管理に要する手間や時間、そしてコストがネックになったといいます。

そんな悩みを抱えていたときに出会ったのが、アプレッソの「DataSpider Servista」と、当時まだα版だった「Thunderbus」の組み合わせでした。Thunderbus Serverを通じて各ゴルフ場のサーバから最新データを参照し、それをDataSpider Servista経由でYellowfinが集計・分析する仕組みになっています。

株式会社アイランドゴルフ管理本部 マネージャー 松本 悠佑 氏

選定理由導入期間とコストの削減、しかも運用が容易

Thunderbusを採用した理由について、松本氏は次のように語ります。
「データ収集ならアプレッソという評判を聞いて相談したところ、Thunderbusの存在を知りました。α版の段階からでも採用に踏み切ったのは“導入スピード”の速さ、簡単さです。検討した他の手段では、インストール時の現地作業などで月単位の期間が想定されたのに対し、Thunderbusでは現地のサーバにエージェントを導入するだけ。今後、新たなゴルフ場を運営していく際にも、基幹システムと同時にエージェントを導入すれば、すぐにデータ分析ができる状態になります。
また、収集したデータの扱いが容易であることや、費用がエージェント数に応じた月額制のため、リーズナブルであることも大きなポイントでした」

このシステムは2014年4月から検証が進められ、機能を確認したうえで本格導入がはじまりました。導入作業は基幹システムの開発元であるアイシグリーンシステムが担当。Thunderbusを使うのは初の経験ということでしたが、特別なトレーニングを受けるまでもなく使いこなせたそうです。

効果集計を自動化し、素早く施策へとつなげる

松本氏は、今回の仕組みを構築したことで、分析作業が大きく変わったと実感しています。
「データ収集の作業がシステマチックになり、大幅に効率化されました。また、条件を設定するだけで自動的に分析ができるだけでなく、各ゴルフ場が持つデータの全てを分析対象にできるので、集計や分析、データ活用の幅も広がっています。もちろん分析の成果はBIツールによるものですが、それが可能になったのもデータを集めてくるThunderbusがあってこそといえます」

さらに、分析結果はマーケティング等の担当者はもちろん、経営層もチェック。経営陣から「こんなデータを見たい」といった要望も出てきていて、集計・分析の内容は頻繁にアップデートしているそうです。

「以前は単なる作業として費やしていた集計の時間が、より多角的な分析を実践するための時間に変わりました。今後はより細かな分析も行なっていきたいと考えています。例えば、予約に至るまでの経路について、これまでもWebサイトでの流入先ごとの分析を行なっていましたが、電話での予約経路も識別できるよう基幹システム側のカスタマイズを進めています」と松本氏。ダイレクトメールを見て電話したのか、Webサイトを見て電話したのかなどの区別をつけ、それを分析することで、新たな施策につなげられるというわけです。

19のゴルフ場における基幹システムのデータを集約し活用するアイランドゴルフの事例は、チェーンストアや多拠点展開する企業の参考となるに違いありません。

取材日 2015年7月
記載の担当部署は、取材時の組織名です。

導入事例アーカイブ

アプレッソ製品の導入事例を、連携製品別・業種別・用途別にまとめました。

各種製品のお問い合わせ・資料請求はこちら

アプレッソの製品をご体験ください
pcimages
体験版・評価版をお試しください

アプレッソでは、お気軽に製品の機能を体験いただける「DataSpider Servista」「DataSpider BPM」の無償体験版をご用意。また「Thunderbus」、「PIMSYNC」を加えた4製品で、導入を検討される方向けの無償評価版をご用意しています。

体験版・評価版のご案内
無料体験セミナー・有料トレーニングを実施

アプレッソでは「つなぐ」を体験できる無料セミナーを開催。また、すでに「DataSpider Servista」「DataSpider BPM」を導入されている企業の方に向けて、製品をさらに使いこなすためのトレーニングも定期的に実施しています。

ページトップ