今すぐ使える!
BPMサンプルフロー 100選

[#12] 社員のだれでも投稿できる公式Facebook ページ

プロセスフロー:公式 Facebook ページへの投稿

全社員からFacebookページへ投稿したい話題を受け付け、マーケティング担当によるマーケティング担当による内容チェックや原稿作成などを経て、Facebookに投稿する業務をBPM化したものです。

全社員からの投稿受付

Facebookに投稿したい話題がある人は、BPMから投稿したい内容を入力します。このプロセスフローでは社員の誰でも投稿する話題を提案できます。写真を添付することもできます。

マーケティング部による確認と原稿作成

話題の投稿があると、BPMにより自動的にマーケティング担当に投稿された話題を確認するタスクが割り振られます。投稿者に投稿内容の修正をお願いする場合は、投稿者にタスクが戻されます。不採用にする場合にはそこでプロセスフローは終わります。投稿する場合にはマーケティング担当が原稿を作成します。

必要に応じて承認を取り、投稿する

原稿ができると、リーダの承認作業が必要な場合には投稿内容の承認を取ります。リーダは内容を確認し、差し戻しをする・不採用にする・承認する、のいずれかの判断をします。

原稿はマーケティング担当による最終確認のタスクを経て、Facebookに投稿されます。

まとめ

企業によるソーシャルメディアの活用では、柔軟な対応と慎重な対応が同時に求められます。外部に発表するもの、という点では慎重さが求められます。しかし、キッチリと管理するだけでは楽しい話題が投稿されにくくなり、ソーシャルメディアの活用自体がうまくできなくなってしまうこともあります。

そこで、社員の誰でもFacebookページに投稿したい話題を提案できるようにしているのがこのプロセスフローです。

誰でも投稿を提案できますが、必ずマーケティング担当が確認して校正してから投稿されます。また、投稿に際して承認が必要になる内容がある場合も、BPM上で承認を取ってから投稿ができます。さらに、マーケティング担当は投稿者とやり取りをしてネタを練り上げながら、話題をBPM上でストックして投稿を調整することもできます。

by-sa.png
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

本記事のサンプルは ワークフローサンプル様の
公式 Facebook ページへの投稿ルーティーン を元にしております。

今すぐ使えるBPMサンプルフローはこちら

ダウンロード&インポートで、記事で紹介したプロセスフローをすぐに利用できます。

ページトップ